Blog&column
ブログ・コラム

会社設立の時は税理士に依頼するべき?

query_builder 2021/02/01
コラム
tax-office-tax-assessment-miniature-figures-money

会社設立をする時には色々な手続きが必要ですが、税理士の手を借りたほうが良いのでしょうか。

今回は会社設立時における税理士の必要性について解説します。

会社設立に税理士が必要な理由

会社設立に必要な手続きや書類は、調べれば一通りわかります。
したがって、基本的には税理士に頼らなくても、個人の力で会社設立を行うことは可能です。

とは言え申請の方法をひとつずつ調べたり、正確に書類を作成するには非常に手間がかかります。

税理士に依頼すればプロのアドバイスを受けながら会社設立の手続きを行うことができますし、申請を代行してもらうこともできます。
会社設立時に税理士のサポートを受けることで、手続きは格段に楽になることでしょう。

会社設立後に税理士を頼りたい時は?

会社設立の手続きは税理士なしでうまくいっても、その後のタイミングで税理士が必要になることもあります。

例えば会社設立後、一度目の決算期です。
会社設立は個人の力でできたとしても、最初の決算期の確定申告でつまずく方は多いです。
かなり煩雑な書類作成が必要になるため、この時期で税理士を頼る方も多くおられます。

また個人事業主の方でも、売り上げが1,000万円を超えた場合は確定申告の内容が変わってきます。
この場合も税理士に依頼すると手続きがスムーズです。

どのようなタイミングで税理士を頼っても大丈夫ですが、完全に行き詰まる前に一度でも相談しておいたほうがトラブルは小さく済むでしょう。
できるだけ早めのご依頼をおすすめします。

▼まとめ

税理士は会社設立の手続きだけでなく、税務関連、経営面に関する知識も豊富です。
会社運営に関してわからないことがある時は、ぜひ気軽に税理士にご相談ください。

NEW

  • 消費税インボイス制度について その1

    query_builder 2021/09/09
  • 月次支援金が始まります!

    query_builder 2021/06/03
  • 一時支援金の事前確認作業の休止について

    query_builder 2021/03/18
  • 令和2年度確定申告期限の延長

    query_builder 2021/02/03
  • 謹賀新年

    query_builder 2021/01/01

CATEGORY

ARCHIVE