Blog&column
ブログ・コラム

確定申告の青色申告って白色申告とどう違うの?

query_builder 2021/03/15
コラム
5be96f1d82beb

確定申告には大きく分けて2種類ある事をご存知でしょうか。青色申告と白色申告です。

どのような違いがあるのか正しく理解したいですよね。

今回は、確定申告の青色申告についてお伝えします。

確定申告には青色申告と白色申告がある

青色申告と白色申告の違いは、青色申告は複式簿記で記入が複雑ですがたくさんの控除を受けられます。

白色申告は単式簿記で記入は簡単ですが、青色申告のような控除はありません。

確定申告の青色申告の特徴

■10万円か65万円の控除が受けられる

青色申告の場合は、10万円か65万円の控除が受けられます。

複式簿記での記帳が出来ている場合は65万円の控除、要件を満たしていない場合は10万円の控除となります。

■赤字を3年間繰り越せる

赤字を繰り越す事によって、黒字と相殺してその分税金がかからないように出来ます。

初年度に大きな赤字が出たとして、2年目と3年目で黒字が出た場合、初年度の赤字分と相殺出来るのでかなり税金を抑えられます。

■その他の特徴

減価償却の特例として、30万円未満の固定資産を経費に出来ます。

家族に給与を支払う場合、「専従者給与」として経費にする事が出来ます。

以上のように、青色申告にはたくさんのメリットがあるので白色申告を行っている方は青色申告を検討してみましょう。

▼まとめ

大きな控除を狙うなら青色申告で確定申告を行うべきでしょう。

65万円の控除を受けたいから青色申告にしたいけど自分でやる自信がないという方は、大木昭生税理士事務所にお気軽にご相談下さい。

NEW

  • 消費税インボイス制度について その1

    query_builder 2021/09/09
  • 月次支援金が始まります!

    query_builder 2021/06/03
  • 一時支援金の事前確認作業の休止について

    query_builder 2021/03/18
  • 令和2年度確定申告期限の延長

    query_builder 2021/02/03
  • 謹賀新年

    query_builder 2021/01/01

CATEGORY

ARCHIVE